一戸建て購入には自己資金が必要

バナー

一戸建て購入には自己資金が必要

一戸建てを購入するにあたっては、新築でも中古でも少なからず自己資金を準備しなければなりません。
物件代金としても頭金を用意するのが一般的ですし、売買にかかる諸費用も現金で用意する必要があります。
諸費用が売買代金のおよそ1割であることを考えると、3000万円の一戸建てを購入するにあたって少なくとも500~600万円程度の現金が必要になりそうです。

川西の不動産をさらに詳しく調べてみませんか。

計画的にコツコツとお金を貯めているご家庭なら、マイホーム購入時にそれだけの預貯金を準備することも可能かもしれませんが、自己資金が足りない人も少なくありません。マイホームを購入したいと考えるのは、子供が育ち盛りの30代くらいの夫婦ですから、それだけの貯金がないのも無理はありません。

川西市の不動産の情報が満載です。

一戸建ての購入にかかる自己資金に親からの援助を充てる人の割合が年々増えています。

子供が念願のマイホームを持つということで、援助する親が多いことが分かります。

足りない分は住宅ローンを利用することになります。

住宅ローンは、世帯年収から返済に充てる金額の割合を出した返済負担率を考慮して組まなければなりません。

魅力的な川西の一戸建てについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

一般的には30%以下が理想ですが、世帯年収が高い人であれば、40%程度になることもあります。

以前はボーナス時により多く返済するボーナス加算を利用する人が多かったですが、最近は4割程度の人が均等払いを選択しています。ボーナスが出ない、あるいはあてにならない人であっても、住宅ローンを利用することができます。

Copyright (C) 2016 一戸建て購入には自己資金が必要 All Rights Reserved.