格安SIMの入手法と注意点

スマートフォンで電話での通話やメールなどのやりとり、さらには様々なアプリを使ってそのアプリが提供するサービスを利用するといった機能を利用するためにはSIMカードが必要となります。

SIMとはSubscriberIdentityModuleの頭文字をとったもので回線契約の契約者を識別するためのカードです。

このカードがあるためスマートフォンで課金のあるアプリを利用した場合等に利用した者を識別できその者へ請求するということが可能となるのです。



このSIMカードについては、その構造上、スマートフォンとは別物でスマートフォンに差し込むことで利用することが可能なのでSIMロックがかかっている機種以外であればSIMカードを使いまわすことが可能です。

今年、最も指示を集めたAll Aboutに関する情報に追加しています。

この点に着目して大手通信キャリア以外の会社が安い利用料で提供しているSIMカードが格安SIMなのです。

この格安SIMについては、その提供する会社が実店舗を持たないため従来はネットで購入することが多かったのですが、現在は家電量販店に格安SIMコーナーが設けられてここで購入することも可能となっています。


また大手流通業者などは自社のスマートフォン機器と格安SIMをセットにして販売するなど様々な販売方法で売られています。スマートフォンの使用料を安くするために機能する格安SIMですが、乗り換える際には自分の機器がSIMロックの対象となっていないか、そして3つあるSIMカードのサイズのうちどれにあたるか等に注意して乗り換えるようにしましょう。