格安スマホはどれくらいの月額料金が掛かるのか

格安スマホはどれくらいの月額料金が掛かるのか

格安スマホが普及し始めたのは2014年や2015年頃からですが、多くの事業者が参入する事によって自分に合ったプランを必ず見つけられるようになりました。

格安スマホの基本プランは、音声通話SIM(データ通信付き)・データSIM・SMS付きデータSIMが提供されており、音声通話に関しては基本料+通話料金の課金制が採用されています。

多くの事業者で10分まで国内の固定・携帯電話にかけ放題になるオプションがありますので、短時間通話を何度もする場合はこのオプションに加入しておきましょう。



データに関しては、500MBや1GBから利用できるプランがあり、一部事業者には200kbps~500kbpsといった低速のみ使えるプランも提供しているので、自宅では固定回線経由の無線ラン・外出先では容量を必要としない通信を利用する方に向いています。



一般的に契約されている高速データ通信プランは2GB~5GBが多く、スマホのヘビーユーザーでなければ問題ない容量な事から、加入時はこれらの容量で契約しておくと良いでしょう。なお、音声通話SIMは2千円前後で維持する事が可能となっており、家族で使う場合のお得なプランやオプションも準備されています。



格安スマホのデータ通信は、毎月の決まった時間までに変更予約をしておけば翌月の通信容量を変更出来ますので、使いすぎてしまった場合は容量増にし、容量がかなり余ってしまった場合は容量をワンランク減らすとストレスないスマホライフが送れます。